趣味の備忘録
 

Blu-ray版バック・トゥ・ザ・フューチャーが凄いらしい

title_101025_00.jpgBD版のバック・トゥ・ザ・フューチャーが凄いらしいという話を聞いたので何がどう凄いのかを調べてみた。

確かにこれは買いかも・・・・

amazonなら割引+送料無料


■吹き替えへのこだわり
Blu-rayBOX版の何が凄いかというと吹き替えです。

バック・トゥ・ザ・フューチャーといえば、テレビに初登場したときに、主役のマーティ役を「織田裕二」 ドク役を「三宅裕司」だった記憶があります。

パート2、パート3が出たときには母親に頼み込んでレンタルビデオ店で借りてもらったら声優が知らない人(小学生だったので織田裕二以外は考えられなかった)だったので、何かガッカリした記憶があります。
テレ朝系列で放送された時にはまた違う声優・・・・子供ながら戸惑いと落胆しながらもしっかりと最後まで見ました。最近のテレビ放送の多くはDVDの声優と同じ声優になっている為、あまりこういうことはなくなりましたが、昔の映画はテレビで見たイメージが強すぎてDVDの声優が受け付けられないって事もしばしば。

バック・トゥ・ザ・フューチャーもそんな思い出の作品の一つといえます。

本田に戻りますが、Blu-rayになって帰ってきたバック・トゥ・ザ・フューチャーは、そんな日本人の思い出を考慮してか吹き替えがなんと2パターンあるんです。1つはVHSやDVDの吹き替えを担当した「山寺宏一」。もう一つはテレ朝バージョンで「三ツ矢雄二」。残念ながらフジテレビバージョンの「織田裕二」は含まれないようです。「織田裕二」バージョンも入ってたら最強すぎましたが、それでも十分な内容になっているように私は思います。


■値段も凄い
○○-BOXといえば、マニア向けのフィギュアやカード、その他のオマケで値段を吊り上げ、3枚組みで1万2000円といういわゆる「ボッタクリ商法」が散見されますが、バック・トゥ・ザ・フューチャーは、Blu-ray版であるにもかかわらず、3枚組みで定価8,500円。amazonで買うと2400円値引きされて、なんと6200円を切っています。

amazonで価格チェックはこちら

いまだに日本ではBlu-ray版はDVD版より割高で、DVDが2980円に対し、BDが3980円が当たり前なので、その価値観から言えば、バック・トゥ・ザ・フューチャーBOXのお買い得度は群を抜いているといえると思います。

それ以外にもBDの大容量を活かして特典映像もてんこ盛りのようで、久々に「買い」を感じた商品になっています。
 
 
コメント






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://bibo6.blog34.fc2.com/tb.php/102-8c84c58c
 
 
備忘録検索
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
月別 備忘録
 
人気記事
 
最近のコメント
 
ランキングに参加中
ページ先頭へ
Copyright © bibo6@管理人 / Designed by Paroday 改