趣味の備忘録
 

ロジテック LHD-EN2000U2W購入

title_110221_01.jpg我が家のテレビは東芝のREGZA 42Z8000なのですが、USB-HDDは嫁専用の録画マシンになっています。私は地デジ対応のレコーダをメインにすることで、録画残量を気にしたり、予約が重複していて予約できないと言う問題を回避しています。

しかし、現在REGZAに接続しているHDDは400GB。ご存知のとおり、REGZAでは長時間録画が使えない為、全てDRモードでの録画となりHDDがすぐに満タンになってしまいます。そこで安くなった2TBのHDDを新調してみることにしました。


■ロジテックの「LHD-EN2000U2W」をチョイス
どこのメーカーのUSB-HDDを買うか色々と悩んだのですが、結局購入したのはロジテックの「LHD-EN2000U2W」
正式にREGZA対応していることや価格.comでの評判もなかなか良い事が決め手となったのですが、私は外付けHDDについてはロジテック製品に一目置いています。
なぜかと言うと、ロジテックの外付けHDDにはケースの機能として、「一定時間無アクセスでスピンダウン」と言う機能が付いているから。

ロジテックのツールを使うと時間も5分、10分、15分と選択できるので用途の合わせて変更できるのも魅力のひとつです。現在REGZAに接続しているHDDも実はロジテックのこのタイプ。

中身を自分で入れ替えたので250GB→400GBに代わっていますが、ちゃんとスピンダウン機能が動作します。
REGZAに接続する前はI/OデータのHDL-AV250と言うNASのバックアップ用に接続していたのですが、バックアップ動作時以外は自発的にスピンダウンされるので非常に使い勝手の良い商品でした。

■外観
外観はツヤツヤのブラックで高級感はありますが、傷つき易そうな感じ。AVラックの中に設置するので基本は動かさないので問題ないでしょう。
2011_0221_02.jpg

ACアダプタはデカ頭が直接コンセントに刺さるタイプ。前回のケースはACアダプタ部からケーブルが延びていたのが便利だったのでこの点は少し残念。
2011_0221_03.jpg

大きさはかなりのサイズダウンされており、ほとんどHDDの大きさと変わりません。中のUSB-SATA変換基盤が小さくなった恩恵でしょうか。本当に小さいです。
前回のロジテック製品と比較しても一回り小さくなっており、奥行きも短くて良いです。
2011_0221_04.jpg

2011_0221_05.jpg

2011_0221_06.jpg

2011_0221_07.jpg

■動作
WD社製の静穏HDD採用をうたっているだけあり、静かです。2TBのHDDなのでプラッタ枚数は最低でも3枚はあるはずなのですが、起動時のスピンアップ音がほとんどありません。前のHDDではテレビの電源を入れるたびに「キュイーーーン」と聞こえていたのですが、今回のは一瞬だけ「チリッ、チリッ」と聞こえる程度。AVラックに格納している為、テレビの音声をOFFにしていなければ全く分からないレベルです。

この製品は縦置き・横置きどちらも可能なのですが、あえて横置きを試してみたのですがそれでも静かです。普通、横置きは接地面が多いために振動音が伝わり易いのですが、全然気にならない。ロジテックを信用してよかったです。


■その他
USBケーブルが今まではミニBタイプ(小さいやつ)だったのが、Bタイプに変更になっています。ミニBタイプは抜け易い事や強度に不安がありましたが、Bタイプになってより安定運用できるようになりました。久々に外付けHDDを買いましたが色々進化していますね。

LHD-EN2000U2Wが送料無料
関連記事
 
 
コメント






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://bibo6.blog34.fc2.com/tb.php/113-74402068
 
 
備忘録検索
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
月別 備忘録
 
人気記事
 
最近のコメント
 
ランキングに参加中
ページ先頭へ
Copyright © bibo6@管理人 / Designed by Paroday 改