趣味の備忘録
 

PS3の内蔵HDDを120GB→500GBに換装

title_11_0301_00.jpgtorneを購入して以来、PS3の内蔵HDDの容量がメキメキと減少し、早くもHDDが枯渇寸前だったので容量UPすることにしました。
外付けHDDでの増設も考えましたが、テレビ周りにこれ以上、物を増やしたくないので内蔵HDDの交換に踏み切ることにしました。

2.5インチHDDが送料無料


■作業前の注意事項
 交換用HDDは4Kセクタ品を避けること。
 交換前のHDDは交換後の動作確認が完了するまで温存すること。
 バージョン3.56の場合、SCEから最新版をUSBメモリにダウンロードしてアップデートを実施すること。

■バックアップを取る
PS3の標準機能でHDDのバックアップをすることが出来ます。HDDはFAT32にフォーマットされていれば特に問題ない模様。今回はGPT保護パーティション解除のテストに使用した160GBのHDDを使用しました。PS3のバックアップ機能は至って簡単。FAT32で初期化したHDDをUSBで接続してバックアップを実行するだけ。

使用量によりますが、100GBほど使用した私の環境ではバックアップは結構時間が掛かって2時間以上必要です。夜間に実行するのが良いでしょう。
2011_0301_00.jpg

※バックアップ後にtorneの録画が実行される場合、再バックアップが必要です。

■HDDの換装
では作業に入りましょう。HDDの交換作業はとっても簡単。
まずは本体をひっくり返して固定用ネジをはずします。
2011_0301_01.jpg

2011_0301_02.jpg

ネジは1本でカバーの下に隠れています。
2011_0301_03.jpg

ネジを外すと前面カバーがはずれるようになります。
2011_0301_04.jpg

HDDは金属ステーに固定されていて、取り出しが容易になっています。
2011_0301_05.jpg

純正の内蔵HDDは東芝製でした。
2011_0301_06.jpg

今回、換装に使用するのは信頼の日立製500GB。型番はHTS545050B9A300です。
2011_0301_07.jpg

本音を言うと750GBか1TBが良かったのですが、ネット情報によると4KBセクタのHDDでは細かい不具合が出るとか。と言うことであえて安全な512バイトセクタのHDDを選択しました。
元通りステーに固定して本体に戻せば作業終了。

そういえば、ネットでHDD交換について検索すると「ネジが馬鹿になりやすい」と言う情報を良く見かけます。
おそらく新型で改良されたのだと思うのですが、ネジは精密ネジではなく大き目のネジになっている為、私はそれほど困りませんでした。精密ドライバーを推奨しているブログが多いですが、ドライバーはネジ穴より一回り大きいのを使用すれば、ネジがナメてしまうリスクが減ります。PC自作をやる人にはおなじみのこのサイズのドライバーで全部作業できますので、精密ドライバーを無理に用意する必要はありません。
2011_0301_08.jpg

■システムの再インストール
システムの再インストールは特に難しいことはありません。USBメモリにHPからダウンロードしたシステムアップデートファイルをコピーしてUSBポートに差し込むだけ。この辺はSCEのHPにも詳細が書かれているので割愛します。

※PS3でダウンロードするのが望ましいという記事をチラチラ見かけますが、USBメモリ内のフォルダ構成と間違って全角文字でフォルダを作らなければ失敗することはないでしょう。

システムの再インストール前はHDDのフォーマットが走ります。
2011_0301_09.jpg

あとは画面の指示に従って作業するだけ。
2011_0301_10.jpg


■作業後の注意事項
HDD換装後、容量が増えているかを確認しましょう。交換後はHDDに何も入っていないので初期セットアップが動作しますが、この辺の設定はリストアで元に戻るので中断終了しても構いません。

リストア前は何もせずに動作確認だけしましょう。HDDにデータを入れてもリストア前にフォーマットされるので注意です。


■バックアップデータのリストア(復元)
簡単な動作確認が終ったらデータリストアを行います。バックアップを取ったHDDをUSB接続し、本体設定→バックアップデータのリストアを選択。バックアップしたデータの選択画面が出てきますのでデータを選択するとリストアが実行されます。
100GBほどデータを使用していた私の環境ではリストアに3時間以上掛かりました。寝る前に実行するのが得策です。
2011_0301_11.jpg




■こうすれば良かった点
私の場合、HDD内データの大半がtorneの録画タイトルでした。torneの場合、他のHDDへ移動が出来る為、あらかじめ少しずつ他のHDDへ移動しておくことでバックアップ作成とリストアの時間が短縮できます。外付けHDDに移動したタイトルは暇な時に少しずつ内蔵HDDに戻せばよいですからね。

この方法では外付けHDDを複数個使うことになりますが、バックアップ~リストアまでの時間が大幅に短縮できるのでいち早くPS3を稼動させることが出来るメリットは大きいです。torneで録画をほぼ毎日実行している私にとっては録画できない期間が長いのは致命的な為、深夜までがんばって作業するハメになりました。

■その他
HDD換装作業前にバックアップを取った後、2番組ほど録画して外付けHDDに移動し、その後HDD換装してみました。
リストア後、外付けHDDに移動した2番組を戻そうと思ったのですが、torneの録画リストには存在せず。
どうやら内蔵HDDに全タイトル情報が格納されているようです。

よく考えるとこれって結構大変な話。
例えば、外付けHDDを最大8台*2T登録したとします。この状態で本体HDDが死亡するとタイトル情報が全部消える為、外付けHDDも一緒に消滅って寸法です。録画時間に換算すると4000時間以上が消えることに。さすがにこのダメージは訴訟になりかねないのではないかと。

さすがに本当にこういう仕様なのかをもう一度交換して確認する気はありませんが、事故る前にどうにかして真偽を確認しておく必要がありそうです。

■2.5インチHDDが送料無料
関連記事
 
 
コメント






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://bibo6.blog34.fc2.com/tb.php/116-13bb32e5
 
 
備忘録検索
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
月別 備忘録
 
人気記事
 
最近のコメント
 
ランキングに参加中
ページ先頭へ
Copyright © bibo6@管理人 / Designed by Paroday 改