趣味の備忘録
 

Shuttle ベアボーン「XG41」を購入

title_11_0905_00.jpg久々に自作PCの新パーツ購入です。
まだ手元に届いて居ないため、パーツ紹介を簡単に。購入したのは日本シャトルのベアボーンキット「XG41」です。3Lしかない体積に45nmのCore2Duoが搭載可能。スリムドライブながら光ドライブも搭載できる代物です。
XG41が送料無料で最安値


■購入動機
少し前にSilverStoneのSST SG04を組み立てたばかりなのですが、AKIBAウォッチで見かけたこの記事で火がついてしまい、悩んだ挙句買ってしまいました。

Shuttleに聞く「キューブのこだわり」~SandyBridge向けの廉価キットも9月登場~
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20110827/sp_fline.html

決め手のとなったのは「旧世代のCPUが使える事」。今、デスクトップマシンは全部で3台あるのですが、置き場所に困って1台を解体し押入れに突っ込んだ状態のため、CPUが1個余っており、ちょうど「XG41」の対応CPUとマッチしたので「これは買うっきゃないでしょ!」ということで決めちゃいました。


■何に使うか
「そんなにパソコンばっかりあって、何に使うの?」
嫁にも言われます。姉にも言われました。

使いたいから作るんじゃなくて作ってみたいマシンがあるから作る。

これが私の方針なので放っておいてください。でも、さすがに押入れに突っ込んでる余ってるPCケースはXG41へのリプレースが終わったらハードオフに売り飛ばす予定です。

そんなこととは別に最近気になるキーワードがあります。「仮想化」です。
ホストOS上でいろんなゲストOSを動かす。マシンは1台。CPUパワーが余剰になってきた今日、目的別に何台もPCを用意するのは時代遅れのようです。確かに何年も前からCPUには「仮想マシン対応」なる項目として「Intel VT」やら「AMD V」などの記載が追加になってますね。一般人には全く縁のない機能ですが、一昔前まではサーバー用の高価なCPUでしかあやかることの出来なかった機能がたった1万~2万のCPUでできてしまうとは、恐ろしい時代になりました。私が初めてPCを買ったときはHDDなんてなくて、CD・・・・(以下略

というわけで、今回のマシンは仮想化による複数OSを触っちゃうぜPCになる予定。SG04は何に使うかまだ未定。


■構成予定
 CPU Core2Duo E8400
 M/B XG41搭載
 MEM DDR3 PC1333 4GB×2
 ODD 適当に余ってるDVDドライブ
 HDD 適当に余ってる320GB位


■注文!
 というわけで、ネットで調べてみたら偶然クレバリーが週末特価をやっていたので、コチラで注文。
 本体が10800円。メモリが2940円。

ってか、8GBメモリが3000円切りってすごい世の中ですね!HDDも3TBが1万切ってますし、メーカーがこれで利益出てるとしたら、今までは何だったんでしょう。円高の影響もあるでしょうが、それにしても・・・・安いことはいいことですが、仕事柄、同じ分野に生きる身としては日本の将来が少し心配になります。

関連記事
 
 
コメント






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://bibo6.blog34.fc2.com/tb.php/173-fe30585c
 
 
備忘録検索
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
月別 備忘録
 
人気記事
 
最近のコメント
 
ランキングに参加中
ページ先頭へ
Copyright © bibo6@管理人 / Designed by Paroday 改