趣味の備忘録
 

ホンダ インサイトに試乗して来た -試乗-

title_090310.jpg続いて試乗レビューです。
こちらはあまり写真がありませんが、その代わり感じた事を全部かいておこうと思います。
SA390078.jpg
試乗したのはホワイトパールのタイプG。純正のエアロが装備されており、エクステリアがかなり変わっています。タイヤがノーマルなのをインチアップすればスポーティーに完全変身ですね。

では、試乗レポートを。
エンジンは通常通り掛けることになります。発進時、無音スタートするプリウスと違いエンジンがアイドリング状態のまま発進します。加速はスムーズです。加速中はモーターアシストがよく効いておりまったくパワー不足を感じません。普段2.4Lのワゴン車を運転している私ですが、これなら合格点です。

090310_hybrid.jpgハンドルは軽くて女性でも運転しやすいと思いました。運転のしやすさはまさにフィットと同レベル程度でしょうか。転回する場合など簡単なハンドルさばきで乗り回せそうです。足回りはトヨタ車と比べて固めですが、カーブでのロールが発生しないので私はこれくらいが良いですね。

ちなみにECONボタンを押して、エコモードにしておくと踏み込んでも回転数があまり上がらなくなります。営業さん曰く「ECONをONにすると一定以上のガソリンが噴出されなくなるので、急加速しても無駄にガソリン消費することがなくなる」と言うことです。

確かに国道一直線でべた踏みしてみましたが、1.3Lなら轟音ゾーンに突入するはずが4000rpm以下をキープしてました。これはいいですね。

居住性についてですが、シートは可もなく不可もなくでしたが、それほど窮屈には感じませんでした。ただ、後方視界はかなり悪いです。リアガラスはトランク部分まで半透過ガラスになってますが、真ん中にバーが一本通っており見通しはよくありません。

総合的に見ると車の排気量よりはずっとパワフルで乗りやすい車に仕上がってます。1.8L並のパワーと最高レベルの燃費を兼ね備えつつ、ホンダのスタイリッシュデザインを取り込んで、本体200万円以下ですので、売れない訳がない。

なお、一番売れ筋のタイプLですがナビ付きだと220万万ちょいになります。しかも車輌本体は絶対に値引きしないと言う事です。しかし、ハイブリッド車の税軽減で重量税が0円になり、さらに取得税も0円になるということで10万ほど初期費用が浮きます。さらにメーカーから4万円分のオプション奨励金が販売店に出ているらしく、フロアマットや雨避けバイザーはサービスになる可能性があるようです。

今、即決で契約しても納車は6月らしいので、本気で購入を考えている人は「納期が長くなる分オプションをサービスしてよー」と限界までおねだりするのが得策かもしれません。

関連記事
 
 
コメント






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
トラックバック
http://bibo6.blog34.fc2.com/tb.php/65-03e68e42
 
 
備忘録検索
 
カテゴリ
 
スポンサードリンク
 
月別 備忘録
 
人気記事
 
最近のコメント
 
ランキングに参加中
ページ先頭へ
Copyright © bibo6@管理人 / Designed by Paroday 改